子供の学力を上げるために学習塾か家庭教師のどちらがいいのか迷うところですよね。そなん時はその方たちの学習に対するカリキュラムや方針などを聞いてみるとよいと思います。では、どのような感じの内容なのかを説明していきます。

本を持っている人
  • ホーム
  • 札幌の家庭教師の宣伝は誇大広告ばかり

札幌の家庭教師の宣伝は誇大広告ばかり

本を読んでいる人

札幌の家庭教師の宣伝には、誇大広告も多いので、注意が必要です。
家庭教師に限らず、転職サイトなどに出ている求人にも、実際よりも良く見せようという努力がされています。
一般的に、宣伝広告というのは、嘘はつけないものの、ギリギリのところまでは魅力的に見せようという工夫がされています。
例えば、求人広告に、「月収30万円以上も可」と書かれていたら、その仕事をすれば月に30万円以上は稼げると考えてしまいますが、実際はそうではないことも多いです。
時給が1000円だったり、基本給が18万円だったりすると、月収30万円以上を稼ぐことは難しいでしょう。
しかし、残業をたっぷりしたり、夜勤をすれば、月収が30万円を超えることがあるならば、この広告は嘘にはなりません。
札幌の家庭教師の宣伝でも、できるだけ良く見せようという工夫がされていると考えて、広告の内容をそのまま鵜呑みにしてしまわないように注意をしておく必要があります。
「絶対に国立大学に合格させます」といった大げさな宣伝には、気をつけておきましょう。
家庭教師の広告を見るときのコツは、必ず保証されている部分を見るるとよろしいです。
例えば、「国立大学の学生に見てもらうことも可能です」と書かれていても、必ずそれが保証されるわけではありませんが、「国立大学の学生だけしか在籍していません」ということが書かれていたら、国立大学の学生の先生に見てもらえるということです。
「月の授業料が5万円以内」と書かれていても、月に5時間しか授業をされないのでは高いと感じます。
「1時間3000円+交通費」というように、必ずかかってくる費用で考えることが重要です。
家庭教師の宣伝にも誇大広告が多いので、騙されないように気をつけておきましょう。

関連記事