子供の学力を上げるために学習塾か家庭教師のどちらがいいのか迷うところですよね。そなん時はその方たちの学習に対するカリキュラムや方針などを聞いてみるとよいと思います。では、どのような感じの内容なのかを説明していきます。

本を持っている人
更新履歴
笑顔で本を持っている女性

成績を上げるため・受験のため、学校以外でも学習する環境を作ろうと考えている家庭は多いはずです。
大きく分けると学習塾と家庭教師の2種類がありますが、どちらのほうが良いのでしょうか。
どちらも成績を上げるため、プロが指導に当たるという点では共通しています。
自宅に来てくれるので塾への往復を気にしなくて済むのは家庭教師ですが、必ず家庭教師を派遣する会社から来るとは限りません。
1:1での学習スタイルは、集団で勉強する学校と違うので効果的です。
個人的に引き受けていると金額を決めるところからスタートすることになり、真剣に指導してくれる先生が実績を挙げているのか分からないことがあるのも現状です。
札幌の塾ではプロのノウハウが生かされた授業を受けることができます。
成績を上げたり、志望校に合格するために効果的とされるカリキュラムが組まれており、それらは全て過去の実績に基づいたものです。
学習塾も学校のように集団で学習するイメージが強いかもしれませんが、個別指導や少人数で授業を進めているところもあります。
集団ではどうしても質問しづらくて、付いていけなくなってしまう子供には個別指導や少人数が向いているでしょう。
一人ひとりに目が届くので、教える側は子供たちの性格を考慮したうえでノウハウをもとにした指導を行います。
家庭教師でも試しに授業を受けられることがありますが、学習塾では高い確率で体験入塾を実施。
保護者から要望があれば見学したり、質問や相談ができる説明会に参加したりすることが可能です。
毎年多くの子供たちを指導しているため、効率的な学習方法を把握しているところが強みです。
受験指導を行っている学習塾では広報を兼ねて、どこの学校へ何人の合格者を出したのかを公表していることも。
学校の成績を上げる場合も、その塾ならではのカリキュラムでどの程度UPしたのか体験談を公表していることがあります。
知り合いに家庭教師を頼んだり、志望校に通う学生に教えてもらえば「やる気」が出ることは事実です。
受験に関するデータをより多く知りたいのであれば、やはり塾のほうが情報量が豊富といえるでしょう。
「学習塾」にも種類が多く、どこへ通えば良いのか分からないことがあります。
実際に通っている人に聞いてみたり、塾の説明会へ行って子供たちの様子を見たりすることが一番です。
保護者から見て子供に合っている塾だということ、そして子供が体験入塾に参加してここだったら通いたいと思えることが一致する塾を選ぶことがポイントです。

記事一覧

家庭教師とは、勉強をしたいと考えている人に、個人対個人で勉強を教える人のことを言います。 普通の教師...

本を持っているカップル

現在、大半の家庭教師はどこかの家庭教師事務所に所属し、その事務所から依頼先のご自宅に派遣されています...

本を読んでいる人

札幌の家庭教師の宣伝には、誇大広告も多いので、注意が必要です。 家庭教師に限らず、転職サイトなどに出...

空を見ている女性

普通、家庭教師といえば、1対1でやるものですが、2人同時に行うのも面白いかもしれません。 しかし、こ...

本を持っている女性

家庭教師と聞くと多くの人は、「本当に頭のいい人が教える」や「生徒の成績を上げなくてはならないから責任...